広島さん。

某カープ好きグループにてだらだら書きました。

その七十五。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。 だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 『ねぇ、湯川くん!!』『何、広島さん』『私の声、聞こえる!?』『広島さんは声が大きいからソーシャルディスタンスは関係ないね』『マスクしてる…

その七十四。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。 だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 どうも、湯川です。五月も半ばを過ぎて、嘘か本当かわからないけど、来月にはプロ野球も開幕だとかなんとか、世間がやかましいですね。とにかく、み…

その七十三(交流戦中止・コロナのバカヤロー!スペシャル)。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。 だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 ・・・の、はずなんだけど。 例の『stay home』でまったく云いに来てない。 代わりに電話は毎日かかってくるけどね(LINEがまだるっこしいんだってw…

その七十二。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。 だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 『ねぇ、湯川くん!!』『何、広島さん』『私ね、色々考えたんだけど・・・(ニヤニヤしながら)』『うん』『カープファン、やめようと思うんだよ!…

その七十一。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。 だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 『ねぇ、湯川くん!!』『何、広島さん』『ニンジャがクノイチにひっかかったよ!!』『・・・(目をそらして聞こえない顔の湯川くん)』『??? 湯…

その七十。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。 だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 『ねぇ、湯川くん!!』『何、広島さん』 『大瀬良さんが足クイッ、クイッをやめるんだってね!』『二段モーションのことだね』『可愛かったのに、も…

その六十九。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。 だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。『お久しぶりです!!広島鯉子(リコ)です!!』『お久しぶりです、湯川です』『お久しぶりなのは全部湯川くんが悪いんだよ、みんな!!』『一言もな…

その六十八。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。 だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 ケホンケホン。どうも、お久しぶりです。湯川です。情けないことに夏風邪を引いてしまいました。おかげで広島さんのお誘いも断らなくてはいけなくな…

その六十七。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。 だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 (フレッシュオールスターを見届けた広島さんご一家) 『MVP、小園くんだね!!(笑顔の広島さん)』 『後半戦に向けて、明るい材料が出来たな(笑顔…

その六十六(広島さん選手名鑑・その二)。

クサクサしてる方も多いでしょう。 もちろん、私もクサクサしてます。 そんなわけで。 登場人物インタビュー、第二回です。 広島さんからは『湯川くん』のご指名でしたが。 読者の方からの要望(笑)で、広島ルーリーカープ、不動の一塁手。 三条正平さんに…

その六十五。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。 だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 (学校のお昼時、カフェテリアで) 『ねぇ、湯川くん(お弁当袋を提げた広島さん)』 『何、広島さん?(肉うどん定食を食べている湯川くん)』 『(…

その六十四(広島さん選手名鑑・その一)。

月曜日はアレなので。 登場人物の皆さんにインタビューする事にしました(可能な限り)。 本日はもちろん、広島さんです。 ー宜しくお願いしますー 『おねしゃーすっっ!!』 ー声、大きいですねー 『のど自慢だよ!!』 ー云いたいことは伝わりました。では…

その六十三。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。 だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 『ねぇ、湯川くん!』 『何、広島さん?』 『やらかしたね、九里さん!!』 『・・・龍馬じゃなくて?』 『九里さんがあんなピッチングしちゃうから…

その六十二。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。 だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 (雨の中、学校帰りの広島さんと湯川くん) 『ねぇ、湯川くん!』 『何、広島さん?』 『交流戦、きっぱり忘れよー!!』 『相当くやしかったんだね…

その六十一。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。 だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 (なぜか月曜なのにカンフーバットの広島さん) 『はっぴばーすで、つーゆー、はっぴばーすで、つーゆー!!』 (何だかお誕生日のケーキが目の前の…

その六十。(交流戦だよ、広島さん!!)

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。 だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 6月6日。 僕、湯川と広島さん、岩国さんは、メットライフドームにいた。 チケットを手に入れたのは広島さん。 なんとビジター側ベンチサイドシート・…

その五十九。(父・広島さん)

私の名前は広島ルーリー。 広島鯉子の父親だ。 小さなスポーツショップを、妻のもみじと一緒に経営している。 娘同様、わたしも大のカープファンだ。 ってか、私がカープファンとしては先輩だ、うん。・・・いや、大先輩だな。(意外と細かいルーリーさん) …

その五十八。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 『ねぇ、湯川くん!!』 『何、広島さん』 『山口君、すごかったね!!』 『まだ出てくるのかよ、孝行息子!だね』 『初先発、初勝利、初完封!!』 …

その五十七。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 『ねぇ、湯川くん!!』 『何、広島さん』 『前回のお話しで、堂林さんを忘れないでって云われたよ!!』 『・・・忘れてたの?』 『・・・湯川くんは…

その五十六。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 『ねぇ、湯川くん!!』 『何、広島さん』 『十連勝って、十回勝ったから、十連勝なんだよね?』 『嬉しさのあまりだから細かい事はいわないね・・・…

その五十五。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 『ねぇ、湯川くん!!』 『何、広島さん』『逆転のカープ!!』『いよいよ目覚めたね』『なんといっても今日のヒーローだよ!!』 『さすが、誠也は頼…

その五十四。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 『ねぇ、湯川くん!!』 『何、広島さん』 『最高の母の日だったね!!』 『そうだね。全国のカープファンのお母さんには何よりの贈り物だったよね』 …

その五十三。(草野球ミニスペシャル。だからちょっと長いよ)

オレは岡本。湯川の中学の時の野球部の先輩だ。今オレは、あいつとは違う学校で野球を続けている。左投げ、左打ち。好きな選手は鈴木誠也。そんなオレが。今度、あいつが入ってるチーム、『広島ルーリーカープ』にまぜてもらう事になった。部活と草野球の二…

その五十二。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 『ねぇ、湯川くん!!』 『何、広島さん?』 『今日みたいな試合、丸さんはどう思ってるのかな?』 『・・・これはあくまでも、僕の個人的な希望だけ…

その五十一(令和だよ、広島さん!)。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 『ねぇ、湯川くん!!』『何?広島さん』 『やったね!令和初の』『勝利だね?これからがカープのターンだか』『フェリシアーノさんの通訳!!(かぶ…

その五十。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 (親友の岩国さんと盛り上がっている広島さん) 『由宇ちゃん、どうしようっ、カープ、強すぎない?本気出してきちゃった?』 『だよねー、リコ!!ウ…

その四十九。

僕の同級生、広島さんは隣のクラスの人気者。だけど、僕にだけ訳の分からない事をいいに来るのが玉に瑕。 『ねぇ、湯川くん!!』『何?広島さん』 『鹿児島のじいちゃんばあちゃん、あいつやらかしたよっ!!・・・だね』 『怒ってるんだね、松山に』『違う…

その四十八。

お話しは、アイルランドはダブリン(!)の、とある女の子のスマホからはじまるのです・・・。 着信音。なぜか『それいけカープ』。 スマホをとる女の子。 赤毛でそばかす。 青い目が少しばかり可愛い(笑)。 画面には「Rico Hiroshima」の文字。 軽くため…

その四十七。(もみじさん、歌う)

二番、主婦、広島。背番号は前田さんの『1』。 ごめんなさいね、皆さん。 リコったらなかなか機嫌が直らなくって。連日の代打ですみません・・・。 あ、自己紹介がまだでしたねぇ。 私の名前は広島もみじ。 リコの母親です。 よく姉妹に勘違いされちゃうん…

その四十六。(鈴木さんのひとりごと)

えー、どうも。 久しぶりのお話しが、こんなさえないオッサンの独り言で。リコちゃんを楽しみに来てくだすった方には大変なお力落としかと。お見舞い申し上げます。 ・・・まままままっ!!お怒りはごもっとも!!でもねぇ、さすがのリコちゃんもお疲れみた…