広島さん。

某カープ好きグループにてだらだら書きました。

その八。

僕の同級生、広島さんはクラスの人気者。
だけど僕にだけよく分からない事をいいにくるのが玉に瑕。

『(隣のクラスから一直線にやってきて)湯川くん!ズムスタ日米野球、最高だったよぉ!!』
売店からの帰り道、迷子になって稲葉監督に道案内してもらったんだよね(前回を参照w)』
『へへっ』
『ほめてないよ。どうやったらカープうどんを買いに行って侍ジャパンのベンチにたどり着けるのかな』
『どこでもドアじゃない?』
『ほんとに前向きだね』
『あ、ごめんね!ズムスタのお土産渡そうと思って来たんだ!』
『有難う、広島さん!(受け取って)カープふりかけと・・・何?この青いモジャモジャ』
『スライリーの体毛』
『ひ、広島さん!!スライリーが可哀そうだろ!!』
『大丈夫。ちゃんとお願いしたの。最初困った顔してたけど、(ちょっとだけならいいよ)って、云ってくれたから』
『いい奴としか云いようがないね』
『右脇腹のあたりだし、ユニで隠れてわからないから』
『要らない情報だね』
『ありがとう!って云ったら鼻ピロピロしてくれたの』
『一応いっておくけど、よい子は絶対マネしないようにね』
『じゃあね!クラスのみんなにカープの鯉人くばってくる!(走り去る広島さん)』

そう、僕の同級生、広島さんはとなりのクラスの人気者。
だけど僕にだけよく分からない事をいいにくるのが玉に瑕。

クラスのみんなより、となりのクラスの僕に、真っ先にお土産くれたんだ・・・。
カープふりかけ(旅行の友)とスライリーの体毛だけど。